【アサリと豚肉のアレンテージョ】 目からうろこの酒蒸し

公開日:

 うなった。ポルトガル南部、アレンテージョ地方の郷土料理で、豚肉と貝の取り合わせが新鮮だ。オープン当初には定番メニューとして出していたそうだが、常時50品をラインアップする町場の食堂では、安定したアサリの確保や管理が難儀なことから、“一軍落ち”した一品だという。

「アサリと豚肉は、いずれもうま味がぎゅっと詰まった食材だから、調味料は不要。臭みを取り、食欲が増すニンニクだけで十分おいしい」(田口シェフ)

 食いしん坊の左党なら、タマネギやプチトマトを加え、パスタに和えてもいいと想像できるだろう。間違いなく、うまい。白ワインはもちろん、飲み残しのもので十分だ。

 さらに覚えておくと便利な万能オイルを教えてもらった。タッパーに、みじん切りしたニンニクを入れ、それが浸るぐらいのオリーブオイルを注いで冷蔵庫で保存しておけば、その都度刻むよりも時短になる。オリーブオイルが固まるから、スプーンですくうだけで使えるお手軽さ。お店でも「アッシェ」(仏語でみじん切り)として常備し、さまざまな料理に使っているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る