人間をコントロール 寄生虫トキソプラズマの“したたかさ”

公開日:

 寄生虫が人間の感情をコントロールする――。こんなニュースが話題になっている。

「トキソプラズマ」という寄生虫で、米コロラド大の研究チームが人間への影響を調査。大学生1500人のうち、この寄生虫に感染している学生は、感染していない学生に比べてビジネス系の専攻を選ぶ割合が1.4倍。会計や財務より経営や起業関連を勉強する割合が1.7倍だった。

 社会人200人の調査でも起業経験の割合は感染者が1.8倍。つまりトキソプラズマに感染した人のほうが起業に積極的なのだ。

 過去の研究では、感染したネズミがネコのニオイを嫌がらなくなることが分かっている。このことからトキソプラズマがネズミのホルモンや脳内の神経伝達物質を操作してわざとネコに食べられるように動かしているとの仮説が成り立つのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る