• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“会話”が可能になる? ウワサの「馬カフェ」に行ってみた

 多摩川の河川敷を散歩するホーストレッキングなど、都内で乗馬体験ができるカフェとして知られる「馬カフェ マリヤの風」(東京都日野市)で、変わったサービスが人気を呼んでいる。なんと馬と“会話”ができ、悩み相談にまで乗ってくれるというのである。カフェを訪問すると、大きな目を輝かせて出迎えてくれたのは、今年9歳になるクオーターホースのマリヤちゃん(写真)。かわいい。言葉を話すというのは本当なのか。

「マリヤは人の言葉は話しませんよ(笑い)。私が“アニマルコミュニケーション”を使ってマリヤの話を聞き、それを相談者に伝えるんです」と、オーナーの山崎立暎さんは言う。

 アニマルコミュニケーションとは、動物が考えていることを理解する“術”のことのようで、ネットで検索すると“コミュニケーター”養成講座がいくつも出てくる。訓練によって、死んだペットとの“会話”も可能になるというから、なかなかにスピリチュアルだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  9. 9

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る