吉田秀彦さん<5>結婚して家族がいたら会社を辞めなかった

公開日:

 2000年9月、吉田さんは自身3度目のオリンピックとなったシドニー五輪に90キロ級代表として臨んだ。が、準々決勝の試合開始直後に右ひじ関節脱臼の重傷を負い敗戦。2度目の金メダルの夢は途絶えた。ときに31歳。次を目指すには現実的に難しい年齢だった。

 翌01年11月、全日本選手権の出場を最後に現役引退を表明する。

「正直言って、31、32の年齢になると、試合でなかなか勝てない。強い若手が下からどんどん上がってきますから。シドニー以降、頭の中のどこかで“ソロソロ引退”と思っていたのは確かです。

 そんな時に、たまたま総合格闘技から声がかかりまして。今まで鍛えてきた体を使って、もう一度勝負してみようかと思ったんです。ただ、現実的には新日鉄にお世話になって好きな柔道を好きなようにやらせてもらっていたわけです。生活の保障がある世界からプロという保障ゼロの世界に飛び出すときはさすがに迷いました。もし、結婚して家族がいたら、会社は辞めてなかったと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る