• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

出口保行さん<1>法務省矯正局に配属 少年鑑別所を回った

 犯罪心理学の仕事は、いかに仮説を立てられるかが重要だ。非行少年との会話のなかで、仮説をぶつけて、罪を犯した理由を探っていくという。

「本人もなぜ非行に走ったか説明できない。それで『こう考えたのかな?』と問うわけです。何度も面接し、母と子の関係がまずかったのか、父がいないことがどう影響したのかを検証しました。それでも分からなかったんです」

 ほかの少年犯罪のケースに比べて、分析に倍以上の時間を要したのである。

「父親とは離婚して別に暮らしていました。母親が全部、父親の役割も担っていたんです。母はいるけど“母親不在”の家庭だった。つらく厳しく当たって、根性で育てるみたいな感じだったんです。そのため彼は、本当の母性に触れることができなかったんですね。最初はそういう仮説を立てられなかったんですが、何度も聞き取りしてやっとたどり着きました。このケースに当たってから、心理学の枠組みだけじゃなくて、いろんなことを知らないと、人を分析するなんておこがましいことはできないと思い直しました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る