出口保行さん<1>法務省矯正局に配属 少年鑑別所を回った

公開日: 更新日:

 犯罪心理学の仕事は、いかに仮説を立てられるかが重要だ。非行少年との会話のなかで、仮説をぶつけて、罪を犯した理由を探っていくという。

「本人もなぜ非行に走ったか説明できない。それで『こう考えたのかな?』と問うわけです。何度も面接し、母と子の関係がまずかったのか、父がいないことがどう影響したのかを検証しました。それでも分からなかったんです」

 ほかの少年犯罪のケースに比べて、分析に倍以上の時間を要したのである。

「父親とは離婚して別に暮らしていました。母親が全部、父親の役割も担っていたんです。母はいるけど“母親不在”の家庭だった。つらく厳しく当たって、根性で育てるみたいな感じだったんです。そのため彼は、本当の母性に触れることができなかったんですね。最初はそういう仮説を立てられなかったんですが、何度も聞き取りしてやっとたどり着きました。このケースに当たってから、心理学の枠組みだけじゃなくて、いろんなことを知らないと、人を分析するなんておこがましいことはできないと思い直しました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  2. 2

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  3. 3

    娘の誕生日ケーキ代を払ってくれた謎の女性の伝言に号泣!

  4. 4

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  5. 5

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  6. 6

    白井聡氏 75年前の失敗のツケを我々の手で清算しなければ

  7. 7

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  8. 8

    どケチ政権が! コロナ対策費に志位委員長「小さすぎる」

  9. 9

    フェイク・タンを塗ったまま授乳…赤ちゃんの写真が拡散!

  10. 10

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る