出口保行さん<1>法務省矯正局に配属 少年鑑別所を回った

公開日:

 犯罪心理学の仕事は、いかに仮説を立てられるかが重要だ。非行少年との会話のなかで、仮説をぶつけて、罪を犯した理由を探っていくという。

「本人もなぜ非行に走ったか説明できない。それで『こう考えたのかな?』と問うわけです。何度も面接し、母と子の関係がまずかったのか、父がいないことがどう影響したのかを検証しました。それでも分からなかったんです」

 ほかの少年犯罪のケースに比べて、分析に倍以上の時間を要したのである。

「父親とは離婚して別に暮らしていました。母親が全部、父親の役割も担っていたんです。母はいるけど“母親不在”の家庭だった。つらく厳しく当たって、根性で育てるみたいな感じだったんです。そのため彼は、本当の母性に触れることができなかったんですね。最初はそういう仮説を立てられなかったんですが、何度も聞き取りしてやっとたどり着きました。このケースに当たってから、心理学の枠組みだけじゃなくて、いろんなことを知らないと、人を分析するなんておこがましいことはできないと思い直しました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る