【ホタテと春菊のワサビ和え】シンプルの中に凝縮された「極み」

公開日:  更新日:

「ホタテを茹でて割いても同じだろうって?違います。茹でると、お湯にうま味が逃げてしまいます。焼かなければダメです。醤油を絡ませるのも、貝と相性がいいからです」

 木下さんは市場によく行く。そこで、最近の農家のブランド野菜への取り組みには驚かされるという。春菊も進化した野菜のひとつだ。

 いい素材をシンプルなだしで味わうと、うまさが際立ち、日本酒が進む。

《材料》
・ホタテ 5個
・春菊 1束
・ワサビ お好みで

※だし
・だし汁 130㏄
・薄口醤油 10㏄
・みりん 10㏄

《レシピ》
 ホタテは塩をふってから焼く。仕上がりに醤油を塗って、さらに焼いて香ばしくする。春菊は葉をていねいにむしり、軸も割いてから、さっと茹でて絞り、だし汁につける。ホタテを割いて、そこに加え、たっぷりのワサビを入れて混ぜ合わせる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  7. 7

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  8. 8

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  9. 9

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る