• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

業界の人気者 グループ13店「駒八」八百坂仁さんの巻<3>

冬は名物アンコウのどぶ汁を

 アナゴは、煮物(700円=写真)と天ぷら(600円)があって、煮物は頭の方の半分を使ってふっくらと炊き上げられていて、尻尾側の天ぷらはサクッと小気味いい歯ごたえ。どちらも、2人でつまんで十分のボリュームです。

 この雰囲気で、この料理。ビストロや肉バルなどがはやるご時世には、逆行しているのかもしれませんが、居酒屋好きならたまらないはず。今では貴重なこのスタイル、実家に帰ったような気分で一杯できます。

 めひかり(400円)も忘れてはいけません。店によっては小ぶりで硬いのですが、こちらは大ぶりでふっくら。東日本大震災以降、地元小名浜産は途絶えてしまったそうですが、それでもとにかく大きさを第一に選りすぐりを仕入れているそうです。ここで一度食べたらほかでは食べられませんよ。

 そして冬は、アンコウ鍋です。肝をすりつぶした「どぶ汁」ですから、体がポカポカとあったまって最高。酒が進みます。常連サン主体の店ですが、いちげんサンも扉を開けると、楽しいこと間違いナシですよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  4. 4

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  5. 5

    “塚原派”にも追い込まれ…コーチ不在の宮川紗江に引退危機

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  8. 8

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  9. 9

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  10. 10

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

もっと見る