玄侑宗久さん<2>コピーライターとして商品の宣伝文句を

公開日:

「ただ、コピーライターというのは、割に合わない仕事だとは思ってました。たとえば、テレビCM用のシナリオを1本書くじゃないですか。ギャラは7万円です。私の部屋の家賃が4万円台のころの話ですから、悪くはありません。ですが、そのCMに出演する女性モデルはギャラを8万円もらっているという。それを聞いて愕然としましたね。だって、彼女は何も考えていないのに。サッと撮影現場にやってきて、シナリオ通りに動くだけでいいんですから。

■英語教材のセールスマンも経験

 一方で、小説を書きたい気持ちもあったんです。で、よくよく考えてみると、小説とコピーライターの仕事は、似たように見えて全く違うんじゃないかと。コピーのようにお肌の手入れみたいな仕事を続けていたら骨太のモノが書けなくなる。これはマズイと思ってやめることにしました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  4. 4

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る