取引先とLINEを使いたい…アカウントを聞くのは失礼?

公開日: 更新日:

デキる男女のマナー講座①

 マナーというのは相手の立場に立ち、相手中心で動いていくもの。その結果、自分のプラスになります。ビジネスならマナーを重要視することでウィンウィンの関係に、プライベートならハッピーハッピーの関係になれる。それが“マナー”です。

 その考えを念頭に置いて質問にお答えします。取引先とのLINEでのやりとりについて、大前提が、相手がそれを望んでいるかどうか。質問者は、自分から相手のアカウントを聞こうとしていますよね。それは自分中心の言動ですから、マナーとしてはNGです。先方から「LINEで連絡を取っていいですか?」と申し出があった時に初めて応じるのが、本来のマナーです。

 また、相手からLINEでのやりとりを提案されたとしても、それが自社のルールに沿っているかどうかを、忘れずに確認しなければなりません。自社に「お客さまとLINEでやりとりをしてはいけない」という規則があるなら、いくら先方からの提案であっても丁重にお断りしなければいけません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

  3. 3

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

  6. 6

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  7. 7

    中曽根氏合同葬 参列者は6割減なのに経費は1400万円増の怪

  8. 8

    上川法相は“鋼のメンタル”官邸の狙いは「法務検察潰し」

  9. 9

    菅氏の郷里の長姉は仕送りを証言…苦学して法大卒業の真偽

  10. 10

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

もっと見る