西荻窪サテンは茶リスタとバリスタがタッグを組んだ人気店

公開日:

 JR中央線の沿線にあるSaten(サテン)には「茶リスタ」と称する人がいる。店舗を運営する抽出舎CEOである小山和裕さんがその人だ。バリスタは客からの注文を受けてエスプレッソやコーヒーを入れる人なのに対し、茶リスタは日本茶を入れる人。そう、サテンは日本茶を振る舞う喫茶店なのである。

 コーヒーには「シード・トゥ・カップ」という言葉がある。豆選びから、客に1杯のコーヒーとして出すまで責任を持つという意味だ。対するサテンは「リーフ・トゥ・レリーフ」。全国を行脚して茶葉を選び、そこから至福の1杯を抽出し提供する。現在は8つの農家から10種類の茶葉を調達しているという。

 お茶の産地は店から車で1時間のところにもある。海外を飛び回ってコーヒー豆を選ぶのに比べてお手軽で、天候などで変わる茶葉の出来不出来も把握しやすい。「今年のはおいしい」とか「まだ改善の余地がある」などと言って、客に「味のブレ」を楽しんでもらう。それがサテンが狙うスタイルのひとつなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  7. 7

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  8. 8

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

  9. 9

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  10. 10

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

もっと見る