西荻窪サテンは茶リスタとバリスタがタッグを組んだ人気店

公開日:

 JR中央線の沿線にあるSaten(サテン)には「茶リスタ」と称する人がいる。店舗を運営する抽出舎CEOである小山和裕さんがその人だ。バリスタは客からの注文を受けてエスプレッソやコーヒーを入れる人なのに対し、茶リスタは日本茶を入れる人。そう、サテンは日本茶を振る舞う喫茶店なのである。

 コーヒーには「シード・トゥ・カップ」という言葉がある。豆選びから、客に1杯のコーヒーとして出すまで責任を持つという意味だ。対するサテンは「リーフ・トゥ・レリーフ」。全国を行脚して茶葉を選び、そこから至福の1杯を抽出し提供する。現在は8つの農家から10種類の茶葉を調達しているという。

 お茶の産地は店から車で1時間のところにもある。海外を飛び回ってコーヒー豆を選ぶのに比べてお手軽で、天候などで変わる茶葉の出来不出来も把握しやすい。「今年のはおいしい」とか「まだ改善の余地がある」などと言って、客に「味のブレ」を楽しんでもらう。それがサテンが狙うスタイルのひとつなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る