西荻窪サテンは茶リスタとバリスタがタッグを組んだ人気店

公開日: 更新日:

 JR中央線の沿線にあるSaten(サテン)には「茶リスタ」と称する人がいる。店舗を運営する抽出舎CEOである小山和裕さんがその人だ。バリスタは客からの注文を受けてエスプレッソやコーヒーを入れる人なのに対し、茶リスタは日本茶を入れる人。そう、サテンは日本茶を振る舞う喫茶店なのである。

 コーヒーには「シード・トゥ・カップ」という言葉がある。豆選びから、客に1杯のコーヒーとして出すまで責任を持つという意味だ。対するサテンは「リーフ・トゥ・レリーフ」。全国を行脚して茶葉を選び、そこから至福の1杯を抽出し提供する。現在は8つの農家から10種類の茶葉を調達しているという。

 お茶の産地は店から車で1時間のところにもある。海外を飛び回ってコーヒー豆を選ぶのに比べてお手軽で、天候などで変わる茶葉の出来不出来も把握しやすい。「今年のはおいしい」とか「まだ改善の余地がある」などと言って、客に「味のブレ」を楽しんでもらう。それがサテンが狙うスタイルのひとつなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  7. 7

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  8. 8

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  9. 9

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

  10. 10

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

もっと見る