• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

西荻窪サテンは茶リスタとバリスタがタッグを組んだ人気店

「コーヒーは飽和感」

 小山さんと共に店に立つ抽出舎COOの藤岡響さんは、「コーヒーサードウェーブ」という潮流を生んだブルーボトルコーヒーのバリスタだった人。ご本人が入れるコーヒーもメニューにはあるが、日本茶に将来性を感じて小山さんとタッグを組んだという。「コーヒーは飽和感が出ていますが、うちのようなお店は少なく、日本茶には将来性があります。コーヒーは競争激化で原価が上がっており、日本茶葉の原価は高く感じなくなりつつあります」と語る。

「それにしても……」と思わざるを得ない。たとえば定食屋に入れば、店の人は注文を取りがてら黙ってお茶を出す。食後のコーヒーの用意はあるが追加料金は100円などという店も多い。「お店のお茶はただ」という感覚が定着している中で、「こだわりのうまさ」と訴えても、お茶1杯に400~500円を払う人がいるのだろうか。

「お茶はもっぱらペットボトル、家では飲まないという10~20代が中心です。少ない小遣いからお茶代をひねり出してもらうのは忍びないのですけれど」と、小山さんから意外な答えが返ってきた。オープンは今年4月だが、そうした若い人を中心に平日100人、休日には150人ほどがやってくるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  9. 9

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る