西荻窪サテンは茶リスタとバリスタがタッグを組んだ人気店

公開日: 更新日:

「コーヒーは飽和感」

 小山さんと共に店に立つ抽出舎COOの藤岡響さんは、「コーヒーサードウェーブ」という潮流を生んだブルーボトルコーヒーのバリスタだった人。ご本人が入れるコーヒーもメニューにはあるが、日本茶に将来性を感じて小山さんとタッグを組んだという。「コーヒーは飽和感が出ていますが、うちのようなお店は少なく、日本茶には将来性があります。コーヒーは競争激化で原価が上がっており、日本茶葉の原価は高く感じなくなりつつあります」と語る。

「それにしても……」と思わざるを得ない。たとえば定食屋に入れば、店の人は注文を取りがてら黙ってお茶を出す。食後のコーヒーの用意はあるが追加料金は100円などという店も多い。「お店のお茶はただ」という感覚が定着している中で、「こだわりのうまさ」と訴えても、お茶1杯に400~500円を払う人がいるのだろうか。

「お茶はもっぱらペットボトル、家では飲まないという10~20代が中心です。少ない小遣いからお茶代をひねり出してもらうのは忍びないのですけれど」と、小山さんから意外な答えが返ってきた。オープンは今年4月だが、そうした若い人を中心に平日100人、休日には150人ほどがやってくるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    客寄せからガス抜きに出世 “ウォシュレット小泉”はどう?

もっと見る