「松竹」vs「東北新社」映画製作、配給の老舗企業対決

公開日:

 社員の給与はどうでしょうか。有価証券報告書によると、松竹社員の年間平均給与は806万円、東北新社が600万円となっています。これらのデータを基に年齢別の推定年収を試算すると、ピーク時の50歳では松竹が921万円、東北新社が723万円となり、その差は198万円です。

 生涯給与はこうです。

▽松竹…2億8682万円
▽東北新社…2億2526万円

 松竹が6156万円上回っています。

 両社の社員が、収入に応じた平均的な支出を続けていった場合、65歳時の推定資産(貯蓄可能額)は、松竹社員が9652万円、東北新社社員が7945万円となり、どちらも安定した老後が待っています。

 ちなみに、役員1人当たりの平均報酬は、松竹が3510万円、東北新社が3300万円です。

■結論

 会社規模、業績では松竹が優位です。すべての年齢層で松竹の給与が上回り、それが生涯給与の6000万円差となって表れます。そのため、今回は松竹に軍配が上がりました。

(情報提供・milize)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  7. 7

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  8. 8

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  9. 9

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る