【チゲ鍋】1人用の小鍋でピリ辛の豆腐をつまむ至福

公開日: 更新日:

 日本でもポピュラーとなった「チゲ鍋」。味の決め手は辛さではなく、だしのうまさだそうだ。

「のぶ太郎」は新鮮な刺し身を売り物にしている居酒屋とあって、おいしい魚介類をふんだんに使ってだしを取っている。だから、味が濃い。辛さよりも、うま味が口の中に広がる。でも、「普通のご家庭でもおいしく作れますよ」とのことだ。

 店長の金漢奎さんは、もともとソウルの洋食店でコックをしていた韓国人シェフ。日本の3つ星寿司店「すきやばし次郎」のドキュメントを見て感動し、日本に渡り、2年間、調理師学校で和食を学んだ。

「もし、釣りが趣味で家に魚があるようだったら骨や頭を使ってだしを取ってください。なければ市販の白だしで大丈夫です。水とだしを入れた鍋の中に、白菜、ハマグリ、白身の魚、豆腐、シイタケを入れ、ゆっくり火を入れてください。味つけは、コチュジャン、薄口醤油、うま味調味料、タカの爪。それだけです。ハマグリや白身魚などの具材からも、おいしいだしが出てきます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

  8. 7

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  9. 8

    星野源「MIU404」での変幻自在 “平匡さん”から演技ガラリ

  10. 9

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

  11. 10

    小池都知事“馬耳東風”…ネット討論会が映さなかった本性

もっと見る