【ぶり山椒】ぶりの脂と山椒のピリッに焼酎ロックがすすむ

公開日:

 ぶりの照り焼きは、甘くてちょっと苦手という酒飲みも、この「ぶり山椒(さんしょう)」には「うまい!」と舌鼓を打つはずだ。

「ぶりの照り焼きはどこにでもあるので、オリジナルなものを作りたい」と試行錯誤した結果、ぶり山椒になったそうだ。ポイントは、山椒をかけるのではなく、山椒を入れたタレに漬け込んでいることだという。店では一晩漬け込むそうだ。

 作り方はシンプル。誰にでも簡単に作れる。

「まず、みりんと酒を合わせて煮切ります。完全に冷ました後、そこに醤油と粉山椒を加えてください。そのタレに、ぶりの切り身を漬け込むだけです。家庭では20分程度でいいと思います。漬け込むことで味が染みます」

 ふっくらと焼いたぶりを口に入れると、予想以上に山椒が強い。でも、醤油、酒、みりんと一緒に漬け込んでいるから、からいだけじゃなく、甘さもあり、あとをひく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る