【ぶり山椒】ぶりの脂と山椒のピリッに焼酎ロックがすすむ

公開日:

 ぶりの照り焼きは、甘くてちょっと苦手という酒飲みも、この「ぶり山椒(さんしょう)」には「うまい!」と舌鼓を打つはずだ。

「ぶりの照り焼きはどこにでもあるので、オリジナルなものを作りたい」と試行錯誤した結果、ぶり山椒になったそうだ。ポイントは、山椒をかけるのではなく、山椒を入れたタレに漬け込んでいることだという。店では一晩漬け込むそうだ。

 作り方はシンプル。誰にでも簡単に作れる。

「まず、みりんと酒を合わせて煮切ります。完全に冷ました後、そこに醤油と粉山椒を加えてください。そのタレに、ぶりの切り身を漬け込むだけです。家庭では20分程度でいいと思います。漬け込むことで味が染みます」

 ふっくらと焼いたぶりを口に入れると、予想以上に山椒が強い。でも、醤油、酒、みりんと一緒に漬け込んでいるから、からいだけじゃなく、甘さもあり、あとをひく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  7. 7

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    上田慎一郎監督が語る 10年前の小説から「カメ止め」まで

  10. 10

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

もっと見る