加来耕三
著者のコラム一覧
加来耕三歴史家・作家

昭和33年、大阪市生まれ。奈良大学文学部史学科を卒業後、同大学文学部研究員をへて、現在は大学・企業等の講師をつとめながら著作活動を行っている。テレビ・ラジオ等の番組監修・出演などの依頼多数。著書に『加来耕三の戦国武将ここ一番の決断』(滋慶出版/つちや書店)『卑弥呼のサラダ 水戸黄門のラーメン』(ポプラ社)ほか多数。

綿密な計画で本懐遂げた剣豪・荒木又右衛門

公開日: 更新日:

 日本3大仇討ちといえば、曽我兄弟の仇討ちと赤穂浪士の討ち入り。加えて今回紹介する荒木又右衛門の鍵屋の辻の決闘です。又右衛門は義弟の渡辺数馬を助け、伊賀上野(現・三重県伊賀市)で仇討ちを遂げました。

 事の詳細の前に又右衛門の人となりを紹介しましょう。

 又右衛門は慶長3(1598)年、伊賀国服部郷荒木村(現・三重県伊賀市荒木)の生まれ(慶長4年説あり)。父は服部平左衛門といい、藤堂高虎に仕えて大坂の陣にも出陣しましたが、のちに牢人して岡山藩主・池田忠雄に再仕官しました。子の又右衛門は養子に出たものの、ほどなく離縁して姓を菊山、のちに荒木と改めました。

 又右衛門は30代のころ柳生三厳の弟子となり、柳生新陰流(正しくは新陰流兵法)を学んだとされています。名を荒木と改めて数年後、大和郡山松平家の剣術師範として250石で召し出されました。父の朋友・渡辺内蔵助の娘みねを娶ったのもこのころ。みねの弟が数馬のため、又右衛門と数馬は義兄弟となります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  3. 3

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  4. 4

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  5. 5

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  6. 6

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  7. 7

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  8. 8

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  9. 9

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  10. 10

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

もっと見る