紅茶キノコが米国で大ブーム 新名称「コンブチャ」のナゼ

公開日:

 紅茶キノコ。50歳以上なら懐かしい気持ちになるのでは。知らない人のために説明すると、紅茶キノコは1975年ごろにブームになった健康食品で、紅茶や緑茶に砂糖を加え、菌塊を入れて発酵させる飲み物。しかし、自家製紅茶キノコで腹痛を起こす人などが出て、ブームは下火になった。

 ところがこの数年、紅茶キノコが「KOMBUCHA(コンブチャ)」と名前を変え、米国でミレニアル世代の若者を中心に大ブームになっている。本紙健康ページで「ニューヨークからお届けします」を連載するジャーナリストのシェリーめぐみさんが言う。

「今の若い世代は健康に敏感。甘味飲料よりは発酵飲料の“紅茶キノコ”と、確固とした市民権を得ています。一般のスーパーマーケットでも売られ、売り場面積も広がっている印象。あるマーケティングリサーチ会社は、2020年までに毎年25%ずつ伸び続けると予測しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  6. 6

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る