中森勇人
著者のコラム一覧
中森勇人ジャーナリスト

1954年、神戸市生まれ。船橋市在住。大手金属メーカーで鉄道関連の開発職に携わる。その後、IT企業を経て05年よりジャーナリストとして独立。第7回ライターズネットワーク大賞受賞。著書は「辞めてはいけない」(岩波書店)、「心が折れそうなビジネスマンが読む本」(ソフトバンククリエイティブ)など多数。

バス移動の途中で派遣先が変更に…断れば降ろされる

公開日: 更新日:

 詐欺のような派遣に出合うこともある。

 工場で部品をセットするだけの作業で、日給1万2000円! 最寄り駅からバス送迎付き。

 あまりの条件の良さに飛びついてしまった。

 ところが、移動中のバスで担当者の口から信じられない“お言葉”が。

「仕事がキャンセルになりましたので、別のお仕事を紹介します」

 聞いてみると、その仕事は菓子メーカーでの仕分け作業。仕事内容はともかく、拘束時間が3時間も長い上、割増賃金もない。しかも、解散は深夜。最悪の条件だ。キャンセルなんてバスが出る前に分かっていたはず。「こいつ、ハメやがったな……」と思ったのは私だけではなかった。

 バスの中は案の定、ブーイングの嵐。それを聞いてか、担当者は「やらない人はここで降りて、自力で帰ってもらいます」とのたまう。都心からだいぶ離れ、定期バスだって1時間に1本あるかないかという場所だった。ほんと、「足元を見てやがるぜ」だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  6. 6

    豊洲市場“黒い粉塵”問題 都のお粗末清掃で汚染水まみれに

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  9. 9

    “新 加勢大周”でデビュー 坂本一生さんが見つけた天職とは

  10. 10

    いいとも青年隊 工藤兄弟が語った“双子キャラ”への反発心

もっと見る