神原サリーさん<5>40歳でフリーに転身し46歳で会社を設立

公開日:

 過労で倒れたこともあり、新聞社の契約社員を辞めたサリーさんは、フリーランスのライターになった。40歳のときだ。

「待っていても仕事はやってこないから、人生初の“営業”を経験しました。知り合いに声を掛け、名刺も配る。来た仕事は断らずに全部引き受けました。“私にはムリかも”と思う仕事でも二つ返事で“やらせて下さい”と引き受けた。

 オールマイティーに動きたくて、最初は“年齢不詳”にしました。だって、40歳で、家庭があって、しかも子供がいる……では、仕事が来ないんじゃないかと不安になったの。そうそう、営業や取材の時は結婚指輪を外したりもしましたね」

 苦労のかいあってか、少しずつだが仕事が入ってきた。最初は、ムック本の街取材や温泉取材だったと振り返る。

「フリーになって2年目くらいに頂いた、横浜市営地下鉄の駅に置いておく小冊子は思い出が深い。横浜由来の芸能人のインタビュー企画があって、まだ17歳の木村カエラちゃんや10代のクリスタル・ケイさんに出てもらったの。ウッチャンナンチャンの内村光良さんやゆずのお2人にも会えてうれしかった。自分で写真を撮って記事も書く。自分が思うように冊子が出来て、読者に喜んでもらえる……。楽しかったなぁ。横浜の街は目をつぶってでも歩けますね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る