曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

西洋料理店ふじもと(北新地)キャベツのうま味を味わう

公開日:

「最近はコンビニでもコールスローを売っているんですね。いろんな所のものを買って研究しました」と話すのは、北新地で洋食屋を営む「西洋料理店ふじもと」の藤本直久さん。

 泉佐野の松波キャベツの甘さにほれ込み、素材を生かすべくコールスローを作った。とはいっても単なるサラダではない。藤本さんが松波君タルタルの鶏南蛮サンド(1200円)と命名した新メニューは、キャベツのうまさを前面に押し出したもの。播州地鶏を湯浅醤油のゆずぽん酢でマリネし、卵と小麦粉を打って揚げることから調理はスタートする。泉佐野の農家より直送された松波キャベツは、あえてザク切りにし、素材の存在感を残している。これをマヨネーズでもんで一時間寝かし、その後、軽く水気を絞る。そしてタルタルソースに混ぜてコールスローにするという。パンに辛子バターを塗って、そこに揚げた播州地鶏をのせ、タレをかけてからたっぷりのコールスローを加えてパンではさむのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る