嘉門タツオ
著者のコラム一覧
嘉門タツオシンガーソングライター

▽1959年3月、大阪・茨木市生まれ。高校在学中に笑福亭鶴光師匠に入門(後に破門)、ギター片手にライブ活動を始め、83年「ヤンキーの兄ちゃんのうた」でデビュー。「鼻から牛乳」「替え唄メドレーシリーズ」などヒット曲多数。33枚目のアルバム「HEY!浄土~生きてるうちが花なんだぜ~」発売中。食べログの「グルメ著名人」のコーナーが人気。年末年始に大阪・東京・名古屋でツアーを行う。

カドヤ食堂(西長堀)大阪を代表するしなやか中華そば

公開日:

 大阪・西長堀。街から少し外れたところにカドヤ食堂はある。そのあまりに丁寧な仕事とご主人の探究心から生まれる中華そばは珠玉。大阪に帰ったら列に並んでいる。

 店主の橘和良さんは兵庫県加古川市出身。子供の頃からラーメンが好きで、中学の時に伊丹十三監督の「タンポポ」を見て将来はラーメン屋になりたい! と思う。しかし、高校卒業後、地元の化学メーカーに就職。10年ちょっと勤めたところで、故・佐野実さんの支那そば屋の味に出合い、衝撃を受けて再びラーメン屋になりたいという思いがムクムクと湧き起こった。その頃、大阪芸大の先生をしていた友人の教え子で、現在のおかみさんと飲み会で出会って結婚。その実家は大衆食堂をされていた。会社を辞め、店を手伝い始めて、最初は週に1日だけ中華そばを出していたが、1年後に専門店として再スタート。

 当初はお客もまばらだった。ところが、週刊誌に取り上げられ、その記事を見た佐野実さんが、なんと自分で調べて店にやって来たのだ。小麦粉を厳選し、当時使っていたこだわりの豚のことも褒めてくれたが、まだ素材を使いこなせていないとアドバイスされ、背筋を伸ばす。研鑽を重ね、カドヤ食堂オリジナル完成の域まで引き上げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る