丸山久雄さん<5>“カメのお告げ”で…「ロト6」2等に当せん

公開日: 更新日:

 NTTの社員として、光ファイバーの営業拡大に貢献したケヅメリクガメとの出合いは1995年、33歳のとき。夏休みに家族で伊豆に海水浴に出掛けたときだった。

「帰り道に『伊豆アンディランド』に立ち寄ったんです。何か目的があったわけではなかったんですが、そこはカメだけの水族館。体長1.5メートル、体重は200キロを超える巨大なゾウガメが悠々と身を横たえていました。そのつぶらな瞳に吸い込まれそうな感覚で。一目見て、『ビビビ』ときたんです」

 “一目惚れ”だった。多摩動物公園に「譲ってくれないか」と電話したそうだが、もちろん断られた。それからひたすら探しまくって、京王多摩川駅近くのペットショップでついに発見する。

「アルダブラゾウガメというゾウガメでした。体長は20センチほど。価格は1センチあたり3万円ちょいで税込み80万円ほど。妻に内緒で、即買いでしたね。自宅の2階に1メートル四方の水槽も買って、育てたんです。ほんとかわいくて」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る