丸山久雄さん<4>社内の肩書きは課長代理 名刺は“部長代理”

公開日: 更新日:

 1990年代後半から携帯電話とパソコンが一気に普及。通信各社は、高速通信化を進めることになる。民営化されたNTT東日本国分寺電話局の料金課で数々の“修羅場”をくぐり抜けてきた肉体派は2002年、花形の営業に異動する。40歳だった。

「通信会社は光ファイバー通信の準備にひた走っていた時期。その導入エリアをいかに増やすかが仕事でした」

 暴力団や右翼など厄介な契約者を相手に、70%前後だった電話料金の回収率を90%、ときには100%も達成した“剛腕”。その実力を見込んでの異動だろうが、料金回収とは、仕事の規模が違う。いくら実績を残したとはいえ、そんなにうまくいったのか。

「東京の福生市生まれでしょ。地元のつながりで福生市長や国分寺市長などは知り合いで。市長のアポイントを取って、営業部長と一緒に説明に上がって、導入のメリットやデメリットを説明したんだ。そうすると、『丸ちゃんならいいよ』と小学校や体育館など公共施設に高速通信設備を入れてもらった。ライフワークのカメが大いに役立ったね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    統計不正“火付け役”は首相別荘BBQでも火おこし役の腰巾着

もっと見る