常見陽平さん<2>リクルートでの8年半は残業地獄に苦んだ

公開日: 更新日:

 新卒で入社したリクルート。入ってから気付いたのは、大きなことをやりたいけれど、やりたいことが具体的にあるわけではない人たちが集まっているということでした。今は違うと思いますが、当時はそういう人たちがたくさんいたんです。たとえば、本当は東大に行きたかったけれど行けなかったとか、何かしらのコンプレックスを抱えている人が多いという印象でした。

 それだけではなく、親の事業が倒産するなど強烈な人生体験のある人や、大学時代からビジネスをやっていたり大道芸で人気を得ていたり、目立つ人が多かったですね。僕も一橋大学でプロレス研究会にいたので、入社前には上司たちに「一橋のプロレスのヤツ」と呼ばれていたようです。

 入社して最初に配属されたのは、通信サービスの事業部で、営業職でした。それから毎日残業に追われることに。


 徹夜は平気なほうだったのですが、実際働いてみるときつかったですね。夜8時から会議が始まったり、その後10時から企画書を書いたり。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  6. 6

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  7. 7

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  8. 8

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  9. 9

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  10. 10

    嵐活動休止で次なる独立&解散は「関ジャニ」か「KinKi」か

もっと見る