【白身魚とポテトの蒸し煮ピスタチオソース】芯の通った品

公開日: 更新日:

 白身魚はふっくら軟らかく、噛むとジュワッとうま味が凝縮されている。

 ジャガイモは、表面がトロトロに溶け、中はほくほく。

「これもすごくシンプルで、ジャガイモと白身魚だけの料理です。ピスタチオは食感を出すために使いました」

 このレシピは、松本さんが本場イタリアに行った時に「これ、ええやん!」と、魅了された料理を参考にしたもの。店でも提供することがあるという。

「ショーケースに並んだ魚を選び、シェフにスペシャリティーを作ってもらったんです。どんな料理が出てくるのか心待ちにしていたら、魚の丸ごととジャガイモを一緒に蒸したもの、ただそれだけの料理でした。白ワインさえも使ってなかったのです」

 見た目の派手さやインパクトはない。しかし食べると、一本芯が通った強さを感じる品だ。白ワインとのマリアージュも最高で、それぞれの良さを引き立て合っている。おいしいツマミとお酒で、そろそろいい気分になってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  6. 6

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  7. 7

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  8. 8

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  9. 9

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  10. 10

    嵐活動休止で次なる独立&解散は「関ジャニ」か「KinKi」か

もっと見る