【千枚蕪と柿の酢物】シャクシャクとトロッとのハーモニー

公開日: 更新日:

 和食職人の技を披露するかのような、美しく盛り付けされた蕪と柿。見るだけでも食欲をそそられる一品だ。

「蕪を柿と一緒に甘酢に漬け込みました。ある程度の食感を残すために、あまり薄くスライスしない。若干厚めにしています。強めに塩をふることもポイントですね。重しがなければ、まな板を置いて重めのお皿を置くことで代用もできます」

 シャクシャク、シャクッ。しっかりと歯ごたえを残しつつ、柿のトロッとした食感もある。柿がこれほどうまいツマミに化けるとは驚きだ。ほんのりとしたユズの香りも上品さを増している。これは辛口の冷酒がよく合うな。

「合わせる酒は、『大吟醸 喜多屋』です。糸島産(福岡県)の山田錦を使ったしずく搾りで、知る人ぞ知る名酒です」

 芳醇で濃厚なのにスッキリした飲み口で、飲んだ後の余韻も楽しめる。2013年にIWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)の日本酒部門で「チャンピオン・サケ」を受賞している酒で、稚加榮でも人気だそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    阪神藤浪を殺す梅野の怯懦 巨人相手に5回まで1失点も3連敗

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る