デート前は銭湯へ マンガやSNSで人気「サウナ女子」の生態

公開日: 更新日:

 近ごろ若い女性の間で“サウナ”がちょっとしたブームなのだとか。そんな女性を指して、「サウナ女子」という。SNSには「二日酔いの朝ウナ(朝のサウナ)は効く!」とか「サウナ後のビール、最高!」といったコメントが並ぶ。

 そうしたサウナ好き女性の草分けで、会社勤めをしながらブログなどで女性向けに“布教”活動をしている、その名もズバリ、「サウナ女子」さんを直撃!

「3年ほど前、友人に誘われて初めて行きました。以前は『何で熱がりに行かなきゃいけないの?』『せっかく温めた体を何で水風呂で冷やさなきゃいけないの?』って思ってたんですけど、いざ体験してみると……気持ちイイ! 冷えた体が徐々に温かくなって、意識がボーッとしてきて……まるで瞑想状態。すっかりハマっちゃいましたね」

 サウナ室の熱さと水風呂の冷たさで刺激を受けた自律神経が、休憩によって緩み、全身が深いリラックス状態になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  6. 6

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  7. 7

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  8. 8

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  9. 9

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  10. 10

    嵐活動休止で次なる独立&解散は「関ジャニ」か「KinKi」か

もっと見る