小沢コージ
著者のコラム一覧
小沢コージ自動車ジャーナリスト

雑誌、web、ラジオ、テレビなどで活躍中の自動車ジャーナリスト。『NAVI』編集部で鍛え、『SPA!』で育ち、現在『ベストカー』『webCG』『日経電子版』『週刊プレイボーイ』『CAR SENSOR EDGE』『MONOMAX』『carview』など連載多数。TBSラジオ『週刊自動車批評 小沢コージのカーグルメ』パーソナリティー。著書に『クルマ界のすごい12人』(新潮新書)、『車の運転が怖い人のためのドライブ上達読本』(宝島社)、『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた 27人のトビウオジャパン』(集英社)など。愛車はBMWミニとホンダN-BOXと、一時ロールスロイス。趣味はサッカーとスキーとテニス。横浜市出身。

ガチ本気!ジャガーのEV 「Iペース」はホントに売れるの?

公開日: 更新日:

 筆者は正直、既存ガソリンンSUVのEペースがベースだと思っていたが、ボディー骨格のプラットフォームから完全新作で、しかも素材の94%はアルミ材。

 フロントマスクは、新世代ジャガーらしくモダンだが、フォルムは超本気だ。フロントノーズはエンジンが絶対入らない短さで、その分室内は超広大。全長4.7mのミディアムSUVだが、大人5人が余裕で座れるのはもちろん、リアには身長176cmの筆者が足を組め、ラゲッジ容量も最低656リッターとワゴン並み。エンジンを必要としないバッテリーEVの特長を最大限に生かしている。

 圧倒的なのは動力性能と航続距離で、なんと日産リーフ標準モデルの倍以上の90kWhの大容量バッテリーを搭載。その豊富な電気を前後200ps+200psの合わせて400psのパワフルツインモーターで駆動するから速い速い。0−100km/h加速も4.8秒とスポーツカー並みで、フルスロットルにすると少々気持ち悪くなるレベル。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  3. 3

    大野智は謝罪…新生ジャニーズはタレントの恋愛問題にどう対応

  4. 4

    1ドル130円の円安地獄がまねく狂乱物価で庶民の懐は火の車

  5. 5

    あざとい“方言パフォーマンス”に透けて見える自信のなさ

  6. 6

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  9. 9

    「偽装不倫」話題にならず…杏が迫られる“イメチェン演技”

  10. 10

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る