和田京平さん<5>「これからは恩返し。選手の健康ケアも」

公開日: 更新日:

 1972年の全日本プロレス旗揚げから参加した和田さん。この間、読書家だったジャイアント馬場(99年没、享年61)、天才肌のジャンボ鶴田(00年没、同49)、クマさんの愛称で親しまれた大熊元司(92年没、同51)、馬場に最もかわいがられた三沢光晴(09年没、同46)、そして先輩レフェリーのジョー樋口(10年没、同81)ら多くの盟友を病気や試合中の事故で亡くしてきた。

「これからは選手のケアも考えていかなくてはいけない。全日本プロレスでいえば、鍼灸師の資格も持つTAJIRI選手など選手のコンディショニング面や身体ケアへの考え方は広まってきています」

 とはいえ、和田さんがプロレスに関わったのは偶然が重なった結果だ。

「中学を出てからガソリンスタンドに勤め、修理工を目指していた時期もありました。将来的にはトラックの運転手になれればいいなと漠然と思っていたけど、たまたま運送屋のアルバイトをしていた友人の代役でリング設営を手伝ったことからこの世界に入った。馬場さんにレフェリーを勧められた時、最初は断ったんですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  6. 6

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  7. 7

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  8. 8

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  9. 9

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  10. 10

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

もっと見る