【ほうれん草とブルーチーズの白和え】コクと甘みが生きる

公開日: 更新日:

 店名のCiseはアイヌ語で「家」を表す。メニューを見ると、ガラス張りの明るい開放的なお店の雰囲気に似つかわしくない、「水餃子」や「さつま揚げ」なんて文字もある。「自分自身が好きなもの、おいしいと思うものをお出ししています」と言う通り、宮武さんの自宅に招待されたような、肩肘を張らない居心地の良さがある。

 もちろん、水餃子といっても、そこは野菜のスペシャリストだ。具材にエビとオクラと青唐辛子を使い、ビールというより、辛口の白ワインがグイグイ進む一品に仕立てられる。

 今回の「白和え」もそうだ。ブルーチーズの独特の風味が苦手という人もいるだろうが、豆腐がそれを和らげてくれる。それでいて、ブルーチーズのコクと豆腐のほのかな甘味はしっかりと生きている。隠し味に使った醤油は、「和と洋の食材のつなぎ役」と宮武さん。小松菜、菜の花、春菊と季節の葉物野菜に応用が利く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  2. 2

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  3. 3

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  4. 4

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  5. 5

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  6. 6

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

  7. 7

    ゆきぽよ“安倍批判”に賛同の声 若者の政治意識は変わるか

  8. 8

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  9. 9

    ストロボが当たっているはずなのに“襟の奥”がほぼ見えない

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る