黒川伊保子さん<4>プログラマー研究室の消滅とともに退社

公開日: 更新日:

 出産後、1991年12月には職場復帰した。しかし、子育てには苦労した。復帰3日後から1歳になるまでは、授乳のために自宅と会社を1日2往復する日々だったという。

「義母が面倒を見てくれていたのですが、子どもが一切、哺乳瓶からミルクを飲まなかった。それで音を上げてしまって。私は職場のある川崎と浅草橋を往復していました。制度として授乳時間が50分とれたので、お昼休みと合わせて自宅に10分滞在できたんです。研究職ですから、行き帰りの電車の中で企画を考えたりできたので支障はありませんでした。それに、働きながら子育てすることは精神衛生上はいいですね。仕事で追い詰められたり失敗しても、子どもの顔を見るとパッと忘れられる。落ち込んでいても、子どもに必要とされていることを感じられるだけで生きている意味が見いだせました」

 家庭と仕事を両立し、社内での信頼も厚かった。感性を研究している、ある社外研究室へ派遣された時には……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  6. 6

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  7. 7

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  8. 8

    【宝塚記念】有力馬の「グランプリ」回避続出には理由がある

  9. 9

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

  10. 10

    「チルドレン」存在と不祥事のデパート化の因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る