田中淳夫
著者のコラム一覧
田中淳夫森林ジャーナリスト

1959年生まれ。静岡大探検部を卒業後、出版社、夕刊紙を経て森林ジャーナリストに。「森は怪しいワンダーランド」(新泉社)、「鹿と日本人 野生との共生1000年の知恵」(築地書館)など著書多数。

天然林だけじゃない 人工林ならではの「美」を見つけよう

公開日: 更新日:

 散策に向いた森といえば、一般にイメージするのは天然林だろう。だいたい広葉樹が主体の森である。

 だが、日本の森林の約4割は人工林。スギやヒノキ、それにカラマツ、マツが大部分を占める。北海道ならエゾマツ、トドマツが加わる。これらの森は人が植えて造成したと同時に、同種の針葉樹ばかりが生えた森だ。訪れた山の森が人工林であるケースも少なくないはず。そこで人工林の見方を紹介しよう。

“人工林なんて歩いても面白くない”と思うかもしれないが、意外な調査結果がある。

 アンケートで森林の種類を示して好きな森を選ばせると「天然林」と答える人が多かった。ところが、写真を見せて好きな森を選ばせると「人工林」を指す人が増えたのである。つまりイメージの森と、写真の森にズレがあるのだ。

 私もよく似た経験をした。ある団体のピクニックで私が先導する役を与えられたのだが、人工林内を抜けるルートを取った。そのスギ林は多少暗くて手入れ不足のように感じた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  7. 7

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

  10. 10

    大停電は人災「無電柱化」頓挫の元凶は電力ムラの利権体質

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る