曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

WADATSUMI(難波)自慢の海鮮丼10種類と洒落なガリチュー

公開日: 更新日:

 南海なんば駅直結のビルで新鮮な魚が味わえると評判を呼んでいるのが「WADATSUMI」である。同店は「大阪中央市場に利州あり」といわれる鮮魚の総合商社・利州が母体で、昨秋オープンしたなんばスカイオ5階フードホール内の一店舗として開いたものだ。フードホール広報の平島佳世子さんによれば、いい魚が手に入るのと、一般市場では流れにくい珍しい魚をうまく提供できればと企画された店だそう。利州といえば業界では名の知れた仲卸しで、本場内で最も魚種量を扱っており、そろわない魚はないとまで言われるほどの業者。なので「WADATSUMI」の評判の良さも理解できるというもの。

 同店では、フードホール内で味わう海鮮丼や寿司の他に持ち帰り用の品も扱っているので単に飲食のみならず、ちょい足しの中食にも便利であろう。「魚の旬を意識しながら食べてもらえるのもこの店の特徴。時にはトウゴロウイワシの素揚げなど普段味わえない珍しいものも提供しています」と前出の平島さんは話している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  5. 5

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  8. 8

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  9. 9

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る