元マトリ高濱良次さん<4>摘発で麻薬で苦しむ人を減らせた

公開日: 更新日:

 職場で同僚に撮ってもらった一枚の写真。腰には拳銃がぶら下がっている。

 厚労省麻薬取締官は特別司法警察という身分で、拳銃の所持も認められているのだ。

「実弾射撃の訓練は米軍基地の場所などを借りてやっていました」

 国家公務員だから転勤は避けて通れない。

「25歳で地方厚生局の近畿地区に配属され、それから神戸、四国の高松、関東信越の横浜、中国の広島、東北の仙台、九州の博多、最後は2008年、小倉分室長で定年退職を迎えました。子供が大きくなってからはずっと単身赴任でしたね」

 高濱さんは淡々と話しているが、職員の多くは子供たちの成長を間近で見る機会を減らしてしまっているようだ。

「小倉は工藤会の地盤ですが、赴任当初はまだ何も分かりません。ですから、また一から勉強し直すわけです。キツイ仕事でしたが、なぜ続けられたかというと、それだけのやり甲斐があったからでしょう。人間のやることですから、麻薬の流通をゼロにするのはできないかもしれませんが、“縁の下の力持ち”というか、我々が摘発することで、麻薬で苦しむ人を少しでも減らせたのではないかと思います。いろいろ回り道をしてきましたけど、いい仕事に就いたものだなと……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    飯野矢住代誕生秘話<12>同棲から妊娠…ジャニーズ事務所は解雇、ホステス業は産休に

    飯野矢住代誕生秘話<12>同棲から妊娠…ジャニーズ事務所は解雇、ホステス業は産休に

  2. 2
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  3. 3
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  4. 4
    ブレークスルー感染で死亡…米国女性の遺族が「ワクチン拒否の人々のせい」と批判

    ブレークスルー感染で死亡…米国女性の遺族が「ワクチン拒否の人々のせい」と批判

  5. 5
    コロナ“隠れ陽性者”は東京都発表の3倍超!モニタリング検査抑制の罪とリバウンドの火種【独自試算】

    コロナ“隠れ陽性者”は東京都発表の3倍超!モニタリング検査抑制の罪とリバウンドの火種【独自試算】

もっと見る

  1. 6
    巨人・丸の深刻不振はコロナ後遺症か…フィジカルトレーナーが指摘する「感覚受容器への影響」とは

    巨人・丸の深刻不振はコロナ後遺症か…フィジカルトレーナーが指摘する「感覚受容器への影響」とは

  2. 7
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  3. 8
    阪神のプロアマ規定違反チョンボに他球団ニンマリ 天理・達孝太をドラフト指名する球団はどこ?

    阪神のプロアマ規定違反チョンボに他球団ニンマリ 天理・達孝太をドラフト指名する球団はどこ?

  4. 9
    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  5. 10
    屈指の“立ちんぼ”エリア大久保で週3回も…27歳女性教師の売春2度逮捕に都教育委「前代未聞」と仰天

    屈指の“立ちんぼ”エリア大久保で週3回も…27歳女性教師の売春2度逮捕に都教育委「前代未聞」と仰天