JAFにも救援依頼急増 “クルマの命”タイヤの健康管理5項目

公開日: 更新日:

「制動距離はタイヤの状態と天候で大きく変わります。夏用タイヤならせいぜい溝の深さが半分になったら、買い替えるのが無難です」

 JAFの走行テストによると、高速道路を想定した時速100キロで濡れた路面を夏用タイヤで走行した場合、新品の10分山(溝山の減りがない状態)での制動距離は47.6メートルだが、5分山(5割減った状態)で50.8メートルに延び、2分山(8割減った状態)だと70.5メートルと20メートル以上もアップ。溝の深さが半分以下に減ると、制動距離は怖いくらいに延びるから、懐と相談しながら替え時を考えたい。

「1万キロ程度なら、タイヤの溝の模様は新品と変わりませんが、2万キロを超えると、模様が変わってきます」

■日本のゴム技術力があればこそ

 サンデードライバーのようにあまり走らず、タイヤの溝は十分でひび割れや傷がなくても、ゴムは経年劣化する。3年といわれたタイヤの寿命は、最新のものなら10年に伸びているが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    基地食堂でパンと納豆を取り過ぎ…空自40代幹部「10日間停職処分」に相次ぐ抗議の電話

    基地食堂でパンと納豆を取り過ぎ…空自40代幹部「10日間停職処分」に相次ぐ抗議の電話

  2. 2
    オリ山本由伸は球団新15連勝で投手5冠濃厚 米スカウトが気がかりな「やり投げ」投法の今後

    オリ山本由伸は球団新15連勝で投手5冠濃厚 米スカウトが気がかりな「やり投げ」投法の今後

  3. 3
    松山英樹のZOZO貫禄Vが“赤裸々”にしてしまった日米ツアー「驚きの格差」

    松山英樹のZOZO貫禄Vが“赤裸々”にしてしまった日米ツアー「驚きの格差」

  4. 4
    オリラジ藤森が一般女性と破局…田中みな実との“復縁”にネットでは俄然注目集まる

    オリラジ藤森が一般女性と破局…田中みな実との“復縁”にネットでは俄然注目集まる

  5. 5
    借金終戦の巨人で問われる桑田補佐の責任問題 持論と逆の“無茶ぶりローテ投壊”に知らん顔

    借金終戦の巨人で問われる桑田補佐の責任問題 持論と逆の“無茶ぶりローテ投壊”に知らん顔

もっと見る

  1. 6
    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  2. 7
    日本ハムに知将名将はいらない!新庄剛志氏を新監督に仰天招聘、人気を重視した球団の計算

    日本ハムに知将名将はいらない!新庄剛志氏を新監督に仰天招聘、人気を重視した球団の計算

  3. 8
    小室圭さんが結婚相談所に登録したら? 婚活市場における価値を専門家が分析

    小室圭さんが結婚相談所に登録したら? 婚活市場における価値を専門家が分析

  4. 9
    阪神ひさびさV争いで証明…助っ人やFA補強に大金かけるバカバカしさ

    阪神ひさびさV争いで証明…助っ人やFA補強に大金かけるバカバカしさ

  5. 10
    “ホリエモン騒動”から1年、広島・尾道の餃子店は今…店主に聞いた

    “ホリエモン騒動”から1年、広島・尾道の餃子店は今…店主に聞いた