田中淳夫
著者のコラム一覧
田中淳夫森林ジャーナリスト

1959年生まれ。静岡大探検部を卒業後、出版社、夕刊紙を経て森林ジャーナリストに。「森は怪しいワンダーランド」(新泉社)、「鹿と日本人 野生との共生1000年の知恵」(築地書館)など著書多数。

ゴルフコースを歩いて草原と森のイイトコ取りをしよう

公開日: 更新日:

 四国カルストをご存じだろうか。高知県と愛媛県との県境に横たわる四国山地の尾根部に広がる石灰岩によるカルスト地形の台地だ。

 一面の草原。草の間から白い石灰岩が突き出している独特の風景だ。その中を歩いたことがある。日本は放置するとすぐに樹木が生えてくるが、ここでは毎年野焼きを行って草原を維持しているそうだ。

 訪れたのは夏の終わりだった。標高1400メートル前後の高原ゆえ気温は低く、風は涼しくて心地よい。そのうえ見通しは最高。眼下に雲がたなびき、谷底にごちゃごちゃと人家が小さく見えるが、それが別世界感を強める。

 この連載は、森の歩き方楽しみ方を紹介しているのだが、森ではなくても自然の中を歩くのは楽しい。

 森の中を歩くと、樹木に包まれていることで安心感や自然に溶け込んでいる感覚を味わえる。だが、一方で見通しが利かないことによる不安もある。これは狩猟採集生活を送っていた先祖の記憶のためかもしれない。木陰などに敵や凶暴な野生動物が隠れていないか、と警戒心が強まるからだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  9. 9

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  10. 10

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る