田中淳夫
著者のコラム一覧
田中淳夫森林ジャーナリスト

1959年生まれ。静岡大探検部を卒業後、出版社、夕刊紙を経て森林ジャーナリストに。「森は怪しいワンダーランド」(新泉社)、「鹿と日本人 野生との共生1000年の知恵」(築地書館)など著書多数。

ゴルフコースを歩いて草原と森のイイトコ取りをしよう

公開日: 更新日:

 四国カルストをご存じだろうか。高知県と愛媛県との県境に横たわる四国山地の尾根部に広がる石灰岩によるカルスト地形の台地だ。

 一面の草原。草の間から白い石灰岩が突き出している独特の風景だ。その中を歩いたことがある。日本は放置するとすぐに樹木が生えてくるが、ここでは毎年野焼きを行って草原を維持しているそうだ。

 訪れたのは夏の終わりだった。標高1400メートル前後の高原ゆえ気温は低く、風は涼しくて心地よい。そのうえ見通しは最高。眼下に雲がたなびき、谷底にごちゃごちゃと人家が小さく見えるが、それが別世界感を強める。

 この連載は、森の歩き方楽しみ方を紹介しているのだが、森ではなくても自然の中を歩くのは楽しい。

 森の中を歩くと、樹木に包まれていることで安心感や自然に溶け込んでいる感覚を味わえる。だが、一方で見通しが利かないことによる不安もある。これは狩猟採集生活を送っていた先祖の記憶のためかもしれない。木陰などに敵や凶暴な野生動物が隠れていないか、と警戒心が強まるからだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  2. 2

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  3. 3

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  4. 4

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  5. 5

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

  10. 10

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

もっと見る