西谷綾子
著者のコラム一覧
西谷綾子

1986年、鳥取県生まれ。趣味は「体を動かすこと」。2016年、東京マラソンで3時間1分32秒の自己ベスト。特技はバスケットボール(インターハイ3年連続出場)。ジュニアアスリートフードマイスター。睡眠改善インストラクター。

そうめん屋はやし(大井町)想定外の組み合わせで栄養補給

公開日: 更新日:

 暑い夏がやってくると無性に食べたくなるのが「そうめん」ですよね。好き嫌いの少ない食べ物なので、「そうなんだよね!」とうなずくゲンダイ読者サンの姿が見えるようです。もっとも正直に言いますと、ワタシ的には「おウチで家族と一緒に食べるもの」でした。

 目からウロコでしたね~。

 東京・大井町に兵庫県の名産、「揖保乃糸」を専用の倉庫で1年間、じっくりと寝かせた<ひね物>と呼ばれる熟成麺をいただける「そうめん屋はやし」があると聞いて足を運びました。メニューを見て驚いてしまいました。

 とってもシンプルな食べ物と思っていたのに、「豆乳温玉チーズ」「ピリ辛! トマトとハリハリのサラダ」「山椒の肉ラー」など想定外の組み合わせにビックリ&面白くなってしまいました。

 お店にお邪魔した日の最高気温は28度。サッパリしたいと思って「梅鬼おろしぶっかけ」(単品700円)をチョイスし、副菜2品と寝かせ玄米(お代わり自由)のランチセット(プラス300円)を頼みました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  4. 4

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  7. 7

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  8. 8

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る