曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

湯浅醤油 蔵カフェ(湯浅)醤油ソフトクリームに“追い”醤油

公開日: 更新日:

  湯浅醤油ソフトクリームは、醤油蔵に併設する「蔵カフェ」の目玉商品。海南市くろさわ牧場の牛乳を用い、醤油を少し混ぜて作っている。濃厚なミルクと醤油が意外にもマッチしてカラメルのようなコクをもたらしているのだ。「放牧した牛から出る牛乳は、乳脂肪が高い。この濃厚なミルクには当社の醤油『生一本黒豆』が合います」と湯浅醤油の新古敏朗社長が言うように、ソフトクリームに生一本黒豆をさらにかけて食べる人が続出しているようだ。

「ソフトクリーム売り場横に醤油を置いていたら、いつのまにかそれをかけて食べるスタイルが生まれました」と新古社長。醤油配合のソフトクリームにさらに生一本黒豆を垂らして味わうと、コーヒー系のアクセントになるから不思議である。

 蔵見学の名物にしようと4年前から提供しているもので、醤油をかけている写真が絵になると、SNSで一気に広まり、今やその光景はアジア諸国に伝播しているらしい。地元のいいもの同士を合わせたのがこのソフトクリーム。相乗効果によって今や湯浅名物にまで発展している。

(住)和歌山県有田郡湯浅町湯浅1464(℡0737・62・2100)
(営)9~16時。年中無休。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  2. 2

    森喜朗の正論にIOCが無理難題 やめたやめた!五輪返上!

  3. 3

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<3>人間関係が苦痛に

  4. 4

    格差広げる中高一貫校 子供の未来は12歳で決まってしまう

  5. 5

    安倍首相に忖度?石破氏パーティーに党三役ゼロの異常事態

  6. 6

    物事の本質触れず都合のいい数字だけ持ち出す「安倍語法」

  7. 7

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  8. 8

    エロス全開でも恋愛封印…田中みな実が抜け出せない“過去”

  9. 9

    FA美馬&鈴木獲りで“金満”原監督「人的補償は敵」の大放言

  10. 10

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る