松尾雄治さん<2>住所と名前以外の字を書いたことなかった

公開日: 更新日:

 1976年4月、松尾さんは岩手県釜石市でサラリーマン生活を始める。新日鉄は、ラグビー部でも他の社員同様の勤務体系だった。

「職場は釜石製鉄所の運輸課。流通の合理化案などを担当する部署です。勤務は8時から5時までじゃなかったかなぁ。新日鉄はラグビー部も柔道部も一般社員同様、普通にデスクワークをしてましたよ。そういう会社だったんです。

 仕事? “9時5時”とは別の意味で大変だったね~。いや、生まれてこの方、あんなに苦労したことはなかったよ。だって、それまで名前と住所以外、字を書いた経験がマジでなかったから。そう、当時のオレは平仮名しか書けなかった。だから、入社1、2年目は人さし指にペンダコができるほど苦労しましたよ。ハハハ」

 松尾さんがラグビーを始めたのは小学生のとき。以来、父親から、“ずっとラグビーだけやれ”と言われて育てられたという。「勉強はするな、本も読むな」が父親の口癖だったため、まさにラグビー一筋の少年時代を過ごしてきたのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    京大教授藤井聡氏 大阪都構想は維新への信任投票ではない

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  4. 4

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  7. 7

    いしだ壱成さんが語る「生活保護不正受給疑惑」報道の真相

  8. 8

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  9. 9

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  10. 10

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

もっと見る