東広島市の戸建て団地で実践 “近助”システムが命を救う

公開日: 更新日:

 昨年7月5日の夜、東京・赤坂の議員宿舎では、安倍首相ら与党の議員が50人ほど集まり、どんちゃん騒ぎを繰り広げていた。その前日、気象庁は「8日ごろまで大雨が続く恐れがある」と発表。宴会当日の午後も緊急記者会見を開き、「非常に激しい雨が数日間降り続き、記録的な大雨となる恐れがある」と最大級の警告を発していたにもかかわらず、飲んだくれていたのだ。

 そして気象庁の警告通りに西日本を豪雨が直撃、土石流が発生して多くの命が失われた。

 当時、緊張感が欠如した安倍政権の態度とともに注目されたのが、東広島市の洋国団地である。7日午前5時半ごろに発生した土石流で49戸の家屋のうち20戸ほどがダメージを受けたが、98人の住民は全員無事、死者はもちろん1人のけが人も出さなかった。

 この戸建ての団地の取り組みがいかに画期的だったかは、国土交通省が作成した資料「平成30年7月豪雨における土砂災害の被害実態」で「避難行動により命を守った事例」と紹介しているほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  5. 5

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  10. 10

    小室圭さん突然文書を発表…“言い訳&反論”でケジメなるか

もっと見る