1年待ちの客が次々訪れる 山梨・白州「すいかばか」って?

公開日: 更新日:

「昨年食べたらあまりにおいしくて、この日を1年間待っていた」

 次々に来る客がそう言うスイカの直売所がある。「すいかばか」と書かれたのぼりがはためく「寿風土ファーム」の小林栄一さんの直売所だ。

 場所は山梨県の白州。山梨県といえば桃やブドウの産地として知られるが、スイカに関しては47都道府県中、生産量は47位(2017年)。なぜそんなところに?

「おふくろがスイカの産地の長野県松本の生まれで、親父がスイカ畑をやってきた。2000年に親父が亡くなり後を継いだんです」(小林栄一さん=写真)

 スイカの有名産地といえば、熊本、千葉、山形。生産量47位の山梨県で作るということは、“ブランド力”がないので、いわば、大企業に個人経営の町工場が立ち向かうのと同じだ。そこで小林さんが挑んだのが、スイカの独自の品種改良。「アレにコレの花粉を授粉して」を繰り返した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  4. 4

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  8. 8

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  9. 9

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  10. 10

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

もっと見る