“クリエイティブクッキングバトル”に見る食費節約のヒント

公開日: 更新日:

 しなびた野菜、中途半端に残ったおかず、何年も前に買った乾麺……。ゴミ箱行きにして、どれだけムダにしてきただろうか。

 農林水産省と環境省が公表しているデータによると、日本では年間約600万トン以上の食べ物が捨てられているという。「コンビニの廃棄量が」「レストランの余りものはすごいから」なんて思っていたら大間違いだ。およそ半分の約280万トンは、家庭から出るゴミ。食べ残し、買い込み過ぎ、賞味期限切れ、野菜の皮など食べられる部分まで捨ててしまう過剰除去などが原因だとか。京都市が試算したところ、4人家族で年間6万円相当の食品を捨てていると見積もられている。

 そんな現状にストップをかけるため、2018年に新しく生まれたイベントがユニークなのだ。

 冷蔵庫にある賞味期限ギリギリの食品、食べごろの食材などを持ち寄り、45分以内で料理をして「残り食材をいかにおいしく使い切るか」を競い合う。その名も「クリエイティブクッキングバトル」だ。チーム対抗戦で、おいしさ、見た目、創意工夫、そして出した生ゴミの少なさを競う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  9. 9

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

  10. 10

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

もっと見る