【ブリのなめろう】淡泊なブリもごま油でグレードアップ

公開日: 更新日:

小料理 百けん(東京・渋谷)

 材料をまな板の上にのせて、包丁で刻みながら混ぜるだけ。なめろうといえばアジが一般的だが、ここではブリを使う。

「アジなどの青魚よりブリの方が臭みやクセが少なくて、純粋に日本酒を味わいたいときに邪魔をしないんです。ブリならサクで売ってますから、三枚におろしたり手間がかからないというのも便利です。また、ブリを買って“お刺し身で食べるには淡泊すぎるな”っていうときも、なめろうにするといいですよ。ごま油が脂を補い、リーズナブルなブリも高級ブリに変身します。おすすめはやはり日本酒。塩味が効いているので、甘口の日本酒がおすすめです」(松﨑さん)

《材料》
・ブリ 4分の1身
・九条ねぎ 2本
 (なければ、わけぎ)
・みょうが 1個
・しそ 3枚
・白みそ 小さじ1

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  2. 2

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  3. 3

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  4. 4

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  5. 5

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  6. 6

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  7. 7

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  8. 8

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  9. 9

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  10. 10

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る