次は2020年 ビットコインは4年に1度の半減期が投資の好機

公開日: 更新日:

仮想通貨編(3)

 ビットコインには、4年に1度程度訪れる投資チャンスがある。半減期と呼ばれるものだ。

 各国が発行する通貨は、中央銀行が管理しているが、ビットコインにはそのような中央管理者がいない。代わりにブロックチェーンと呼ばれる仕組みを利用して、取引の記録をしている。この取引履歴を不特定多数の人がチェックしていることで不正が起きにくいといわれている。ブロックチェーンに参加して取引履歴をチェックし新規のビットコインを承認する人は、報酬としてビットコインが受け取れる。これをマイニング(採掘)と呼ぶ。

■オリンピックイヤーは要注意

 半減期とはこのマイニングの報酬が半分になることだ。半減期は4年に1度程度訪れるといわれており、過去には2012年と16年に迎えた。12年の半減期には、ビットコインの価格はそれほど変化がなかった。しかし16年の半減期では、2カ月前ほどからビットコインの価格が上昇し、半減期の直前に急落した。12年にはまだビットコインの認知度が低かったため価格に影響しなかったが、16年時点では多くの人が取引に参加するようになっていたため、価格に大きな影響を与えたといわれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  4. 4

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  5. 5

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  6. 6

    ICU闘病も…志村けんさんコロナ陽性から1週間で帰らぬ人に

  7. 7

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  8. 8

    外出禁止で爆発寸前…プロ野球選手がぼやく自宅待機の現況

  9. 9

    日米球界コロナ禍 値切られる入札選手と20億円失うマー君

  10. 10

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

もっと見る