宅トレ挑戦<13>キュッと上がった美尻のために左右を整える

公開日: 更新日:

 自慢ではないが、記者にとってお尻は「上がっている」とよく褒められるパーツだった。80代の父は、驚くほどお腹が出ているのだが、いまだお尻はキュッと上がったままである。そのため、漠然と「私も、いくつになっても、あんなお尻でいられるはず」と思い込んでいたのだが……。

 ある日、ショーウインドーに映る自分の姿を見てぎょっとした。垂れ尻のパンツ姿で堂々と歩く女性が、そこにいたのである。

「誰か、もっと早く教えてよ」と思わず周囲の人間を恨んだが、考えてみれば、「お尻、垂れてますよ」とは、人にそう簡単に指摘はできない。だからこそ、気が付いてしまったなら、自分でトレーニングするのみなのである。

「人によっては、左右のお尻の形が違うことも。ハート形のキュッと上がったお尻を目指すために、まずは左右のお尻の形を整えるトレーニングを行いましょう」と話すのは、美コア創始者であるトレーナーの山口絵里加さんだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る