田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

加藤結季愛初段の「椅子対局」を認めた日本将棋連盟の英断

公開日: 更新日:

 日本将棋連盟は9月上旬、ホームページで「加藤結季愛女流初段の対局をテーブル・椅子で実施することを決定いたしました」と発表した。

 加藤初段(16)は昨年4月、石田和雄九段(72)の門下で女流棋士3級としてプロ入りした。その後、好成績を収めて今年8月に初段に昇段。今期の倉敷藤花戦では挑戦者決定戦に進出し、伊藤沙恵女流三段(26)と激闘の末に惜敗した。

 加藤は、このように有望な最年少の女流棋士だ。しかし、先天性の筋疾患によって、座って対局をすることが大変だったという。そこで本人、家族、将棋連盟とで話し合い、将棋会館での対局はテーブル・椅子で行うことが認められた。

 私は、将棋連盟が加藤に対して取った特例の措置に大いに賛同する。

 加藤の最近の対局光景を見ると、和室に細長いテーブルを設置して平らな将棋盤が置かれ、椅子は本人と荷物用に2脚あった。見た目には違和感はまったくなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  9. 9

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る