「まるこ」など展開 コジマ笑店小嶋崇嗣社長の巻<4>

公開日: 更新日:

もがめ食堂(東京・西荻窪)

 居酒屋さんが軒を連ねるJR中央線沿線にあって、この店は貴重な定食中心の食堂です。吉祥寺で人気を博した2号店。カフェ風のインテリアですが、豚のしょうが焼きや豚の角煮、鶏のからあげなど王道の定食メニューが並びます。短冊の品書きはカウンターの上や壁にズラリと並び、恐らく20種類以上あるでしょう。

 昭和の食堂を今の西荻スタイルにアレンジしたのが、この店。この日の日替わりは、鶏肉と季節野菜の香味黒酢和え。焼き魚は、マグロのカマ塩コショウ焼き(1100円)やマグロのハラス吟醸焼き(1200円)も目を引きます。サバの文化干しとマアジの干物も目を引きます。

 カマがあるのは、魚をさばいた証し。カウンターの隣に目をやると、先客が大きなカマに箸を入れていました。すると、パリッと音を立てて、いい焼き上がり。別の方はサバを注文。注文を受けてから焼くのは時間を要しますが、出来たての熱々を提供できますから、魚好きにはたまりません。

「魚はこの店が一番よねぇ」

 背中越しに聞こえてくる年配女性の会話に、魚の目利きや調理のよさが表れています。私は、鶏肉と野菜の黒酢和えとマグロの小皿(500円)、そして赤星ラガー(650円)を注文。いいマグロが入ったのだろうと踏んでの小皿注文です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  9. 9

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る