中西美穂
著者のコラム一覧
中西美穂フォトジャーナリスト

1980年生まれ。元週刊誌記者。生殖補助医療、妊娠・出産、障害を中心に取材活動を行う。

五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

公開日: 更新日:

「最初、検診で三つ子だといわれ、戸惑いながらも、三つ子の育児はどんなふうになるんだろうって喜びが勝っていました。しかし、その後の検診で五つ子だと告げられたと同時に医者からは中絶の話を進められ、目の前は真っ暗になったのを今でも鮮明に覚えています」

 目を伏せながらこう話を切り出したのは、多胎妊娠を経験した30代後半のAさんだ。

 仲間由紀恵(40)や杏(33)など芸能人の双子ママも多く、双子を街中で見かける機会も多くなり、多胎は今や珍しいことではなくなった。それゆえ、生後11カ月の三つ子の次男を死なせたとして、傷害致死罪に問われた母親が懲役3年6カ月の実刑判決を受けたことなど、多胎妊娠・出産・育児がクローズアップされることも多くなったのではないだろうか。

 多胎は今や女性の身近な存在になりつつあるが、多胎のリスクを知っている人はどれほどいるだろうか。多胎は妊娠期からすでにリスクが高く、ハイリスク妊婦と言われ、厳重な管理下に置かれる。また無事に出産しても、虐待を受ける確率も単胎児より高いという数値が出ており、多胎は想像以上に母親を追い詰める。現にAさんも多胎妊娠によって肉体的、精神的に追い詰められた一人だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  7. 7

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  10. 10

    河野行革相なのにワクチン担当兼務 菅首相の真の狙いは

もっと見る