田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

ゲンダイ「オールスター勝ち抜き戦」で大山康晴名人に勝つ

公開日: 更新日:

 日刊ゲンダイは1978(昭和53)年に「オールスター勝ち抜き戦」というプロ公式戦を創設した。タイトル保持者、順位戦のA級棋士などの上位チームと、若手精鋭棋士の下位チームが、勝ち抜き戦の形式で争う棋戦である。

 第1回(各チームともに13人が出場)は大内延介八段(当時37)が9人抜きしたことで上位チームが勝利した(棋士の肩書はいずれも当時)。

 第2回(上位チーム11人、下位チーム21人)の79年には、私こと田丸昇六段(同29)が予選を経て15人目で出場し、二上達也九段(同47)、大内八段を連破した。

 写真(提供・田丸)は、私(左)が「東海の鬼」の異名があった花村元司九段(同61)と対局した光景。私はその強腕を抑えて勝ち、3連勝して下位チームも勝利した。

 第4回の80年には、私は大山康晴十五世名人(同57)と対局した。過去2局の大山戦は善戦したが、しょせん「手のひらの上の悟空」で、あしらわれる感じで敗れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  4. 4

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    千原せいじ消滅危機…2度の不倫疑惑でテレビ局「出禁」状態

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    杏にのしかかる東出不倫の代償5億円 映画再撮で離婚に拍車

  10. 10

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る