田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

ゲンダイ「オールスター勝ち抜き戦」で大山康晴名人に勝つ

公開日: 更新日:

 日刊ゲンダイは1978(昭和53)年に「オールスター勝ち抜き戦」というプロ公式戦を創設した。タイトル保持者、順位戦のA級棋士などの上位チームと、若手精鋭棋士の下位チームが、勝ち抜き戦の形式で争う棋戦である。

 第1回(各チームともに13人が出場)は大内延介八段(当時37)が9人抜きしたことで上位チームが勝利した(棋士の肩書はいずれも当時)。

 第2回(上位チーム11人、下位チーム21人)の79年には、私こと田丸昇六段(同29)が予選を経て15人目で出場し、二上達也九段(同47)、大内八段を連破した。

 写真(提供・田丸)は、私(左)が「東海の鬼」の異名があった花村元司九段(同61)と対局した光景。私はその強腕を抑えて勝ち、3連勝して下位チームも勝利した。

 第4回の80年には、私は大山康晴十五世名人(同57)と対局した。過去2局の大山戦は善戦したが、しょせん「手のひらの上の悟空」で、あしらわれる感じで敗れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る