田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

ゲンダイ「オールスター勝ち抜き戦」で大山康晴名人に勝つ

公開日: 更新日:

 前局では大山の振り飛車に対して、得意にしていた左美濃の作戦を用いた。勝ち抜き戦でもそのつもりだった。前夜に床についたとき、ある手法が思い浮かんだ。明日はそれでいこうと夢うつつに見た局面が、何と翌日の対局で現れたのだ。

 私は好調に攻めて有利になったが、大山の強靱な受けに阻まれて形勢は混沌とした。そこで、負けてもともとと勝負手を放って敵陣に肉薄すると、大山に珍しくミスが出た。

 図は終盤の局面。実戦は先手8二金後手9三玉先手8三金後手同銀先手8二銀不成と進み、田丸が勝った。後手同玉は先手7三成桂以下詰み。先手8三金に後手同玉は、先手8四銀打後手9二玉先手8二銀成後手同玉先手7二成桂以下詰み。

 私は大山に3戦目で初めて勝ち、大きな自信を持った。翌年に順位戦でB級1組に昇級した。

■勤め帰りの人が読んでいた

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  8. 8

    客室稼働率15%も…ホテルの下方修正ラッシュが止まらない

  9. 9

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  10. 10

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

もっと見る