靴下はいたまま就寝はNG? 冷えて寝つきが悪い時の解消法

公開日: 更新日:

 体の冷えやすさには、理由がいくつかあります。具体的には、①筋肉量が少ない=体内で熱をつくれない②自律神経のバランスが乱れている=つくられた熱が全身に届かない③汗をかきにくい=体内に水分がたまることで体が冷える。このような人は、特に冬は体のほとんどの部分で冷えを感じる場合が多く、不眠で悩むこともあります。

 深部体温が低くなると、人は眠くなります。しかし、手足を含め体の表面が冷えていると、血管が収縮してうまく深部体温が下がらなくなります。その結果、眠りを促すホルモンであるセロトニンの分泌に影響を及ぼし、寝つきが悪くなってしまうのです。

 なお、深部体温とは「体の内部の温度」のことで、食道や直腸にセンサーを挿入して計測しなければ正確には測れませんが、36・5~37度を上下しています。

 冷え性対策として靴下をはいて寝る人がいますが、根本的な冷えの原因は取り除けませんし、それどころか靴下をはいて寝ることで体に悪影響を及ぼすのでお勧めできません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

  2. 2

    「桜」名簿問題の責任転嫁に暗躍 菅長官の“懐刀”の名前

  3. 3

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  4. 4

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  5. 5

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  6. 6

    松屋で大人気「シュクメルリ」とオリジナルカレーの今後

  7. 7

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  8. 8

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  9. 9

    白鵬の言動「恥ずべきこと」と八角理事長 広報部長も喝!

  10. 10

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る