靴下はいたまま就寝はNG? 冷えて寝つきが悪い時の解消法

公開日: 更新日:

 体の冷えやすさには、理由がいくつかあります。具体的には、①筋肉量が少ない=体内で熱をつくれない②自律神経のバランスが乱れている=つくられた熱が全身に届かない③汗をかきにくい=体内に水分がたまることで体が冷える。このような人は、特に冬は体のほとんどの部分で冷えを感じる場合が多く、不眠で悩むこともあります。

 深部体温が低くなると、人は眠くなります。しかし、手足を含め体の表面が冷えていると、血管が収縮してうまく深部体温が下がらなくなります。その結果、眠りを促すホルモンであるセロトニンの分泌に影響を及ぼし、寝つきが悪くなってしまうのです。

 なお、深部体温とは「体の内部の温度」のことで、食道や直腸にセンサーを挿入して計測しなければ正確には測れませんが、36・5~37度を上下しています。

 冷え性対策として靴下をはいて寝る人がいますが、根本的な冷えの原因は取り除けませんし、それどころか靴下をはいて寝ることで体に悪影響を及ぼすのでお勧めできません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  4. 4

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  5. 5

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  6. 6

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    “志村組”近藤春菜の「スッキリ」降板はいずれにせよ正解!

  10. 10

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

もっと見る